〜untitled〜
<< December 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< 大人の階段 | main | 1行でも日記(20111201) >>
R477

RICOH CX5

京都市内を走っている国道から見える風景。
足もとはガケで、ずーっと下に川が流れてます。
京都府亀岡市から京都市右京区に向けて、国道477号線を走っていたら、
とても京都市内とは思えない風景に出くわしました。
この道は、国道であるにもかかわらず、あまりのハードさゆえに、
ネット上などでは「酷道」と呼ばれているらしいです。

ちなみに、1枚目を撮った場所は...



なんとかくるまを停められたのがココ
それまでは基本1車線で、
ところどころある広い場所でのみすれ違いが可能。
片側は山で反対はガケ(!) とか、両側とも舗装ギリギリまで林(!!)
という区間がかなり長い間続きました。

すれ違いもできないのに国道、ってどうよ!?
と思ったわけですが、
左京区内にはもっとキビシい箇所があるそうで、
その辺は、「酷道477号」で検索すると、
勇気ある先人たちのレポートがなんぼでも出てきます。
興味のある方はぜひそちらを。

僕はもう行きませんけど。(^^;)
スポンサーサイト
この秋に原チャリで走った左京区の花脊〜百井を抜ける区間の酷道っぷりはなかなかのもんでした。ここはもう最早車で走る道じゃないですね。。。
NAZOCHU | 2011/11/27 23:17
今回は予備知識があったからよかったものの、
何も知らずに案内標識に従って入ってしまうとエライ目にあいますね。
でも今度は例のバス路線、出町柳〜広河原を通って美山まで行ってみたいと思ってます。
予定は来春。
koe-chang | 2011/11/28 23:16
COMMENT









Trackback URL
http://koe-chang.jugem.jp/trackback/886
TRACKBACK
/html>